スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

今でもあるある、日系ボッタクリ業者

ブログの更新が見事に滞ってしまい、少し反省。以前はフリー誌のコラムに執筆していて締め切りがあった為、強制的にネタはストックされましたが、原稿の催促から開放される素敵な日々を満喫し過ぎましたかね。(汗) 本ネタを在米日系の某クライアントさんから伺ったのも実は軽く半年以上前でしたが、まぁそれはさておき、あまりにも酷くて聞いたときには思わず笑ってしまったほどでした。Office 365への移行に、7000ドル近い見積り?そのクライアントさんは、メール環境をクラウドへ移行されたかったらしく、MicrosoftのOffice 365へ移行するべく、同じくMicrosoftのNAVという基幹業務管理システム(ERP)を、その会社へ導入していた某日系IT業者さんに見積もりを依頼されたそうです。ところが出て来た見積り額が、$7,000近くで呆然とされ、Webカタログ制作の打ち合わせで我が社へ来られた際に、「本当にそんなに掛かるものなのですか?」と尋ねられました。勿論、何百人の従業員がいる会社なら考えられなくもないのですが、その会社さんはメールアカウント数が両手あれば足りる程度しかありません。で、見積りの詳細を見せてもらいました。そして、、思わず笑ってしまいました。(笑)スミマセン。。何にそんな費用が掛かってきているのか?を確認したところ、ソフトウェアのライセンス料は極めてスタンダードでした。まぁ当たり前ですね。そこへ暴利なマージンは乗せられないでしょう。一際目を引いたのが「Office 365 Migration (Email Service)」が最低20h、これだけで$2,500掛かっています。要は古いメールサーバーのメールがOutlook 2010にあり、それを新しいOffice 365のOutlookへ移行する、というだけの話のはずですが、まさか各人のメールアカウントの移行に目の前で立ち会い、1台1台設定変更しながら、、にしても20h掛かる作業は何でしょうか。不明です。「Onsite work at XXX(クライアント名)for cut-over tasks, setup mobile device for accessing Office 365 Service」はおそらくモバイルデバイスでのメール再設定など、ということでしょうが、8hも掛かるんですかね。。あと、「Ons…

最新の投稿

デジタルマーケティングという用語

最近私のFacebookのフィードにしつこく表示される広告

アメリカの中間選挙が目前で思うこと…

インフルエンサーマーケティング

SNSの闇

広告主必見! オンライン広告の闇

バイラルにおける雑感 ②

バイラルにおける雑感 ①

「フェイクニュース」について2

「フェイクニュース」について1