スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

異常さに気づけない人が増えている?異常さ

警察による黒人への不当な殺人事件後、よくあるのはその犠牲者が過去にxxの犯罪歴があったとか、隣人コメントで“アイツはxxな悪党だった”と、要は“殺されても仕方無かった人物”的な報道です。勿論そう明言はせずとも、そういった印象付けを意図した報道をするメディアは確実にあり、彼らは大体の場合、黒人被害者の写真も、あえて悪そうに見えるものをあからさまに選んで掲載する傾向があるので、写真を見ただけでも、そのメディアがどのスタンスに立っているのか、結構簡単に分かるときもあります。Fox NewsやBreitbart News、今だとOne America News Network(OANN)とかいう新興メディアなんかはその典型と言えますが、正に彼らの意図したプロパガンダをモロに鵜呑み or 影響されているアメリカ人達が一定数いる事は知っています。しかし自分は最近日本のニュースのコメント欄も見るようになったのですが、全く近い感じで、被害者をむしろ貶めるようなコメントを平気で書き込んでいる人がいるのを見て驚きました。数もそこそこあり、同一人物による別名での書き込みなのか、この手の印象操作にまんまと乗せられている人たちがそこまでいるのかは不明ですが、同じ日本人としてあまりに恥ずかしく感じました。なぜこれがプロパガンダであるかは、それこそ1つのポイントで指摘できます。 警官は裁判官(陪審)でも死刑執行人でもないどんな容疑があったにせよ、先進国では起訴、裁判という法的手続きを経て、仮に有罪になり刑罰が死刑と下れば、後に死刑執行される、という程度の権利は誰にでも認められているという、基本的人権すら無視した警察の越権行為を批判している話であり、過去云々を持ち出していれば、話の本質のすり替えそのものです。20ドルの偽札を使った疑惑が掛けられただけで、いきなり殺されていれば、まず刑罰がおかしい上、その警官はその瞬間に裁判官(陪審員)役を勝手に経て死刑執行したような話で、法治国家的にあり得ないですよね?逆にその警官が殺人罪で問われるべきであり、この無法行為に皆抗議しているのです。そして結局、最後は和解金を遺族に支払うだけで、(謝罪すらなく)警官が無罪放免になるケースがほとんどで、この警察のシステムの腐敗と破綻具合に人々は更に抗議しているわけです。別の最近のケースで、警官からの静止を振り切って逃げた…

最新の投稿

デモ暴徒化=長年の謎が解けたかも

AT&T詐欺? その2

AT&T詐欺? その1

今でもあるある、日系ボッタクリ業者

デジタルマーケティングという用語

最近私のFacebookのフィードにしつこく表示される広告

アメリカの中間選挙が目前で思うこと…

インフルエンサーマーケティング

SNSの闇

広告主必見! オンライン広告の闇