スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

デモ暴徒化=長年の謎が解けたかも

先日ミネソタ州で起きた、白人警官によるジョージ・フロイドさん殺害事件は、本当に酷いものでした。ただこういったことは、この国では日常茶飯事に起きており、今回はたまたま動画で証拠が残せて公開できたため、ここまでの話題になったといえます。そしてこれだけの証拠があっても、この殺人犯である警官たちが、果たして司法できちんと裁かれ、最終的に有罪になるのか、非常に怪しいところでもあるのが、このアメリカの現実でもあります。そういうあり得ないような事例が多過ぎる国なので。さて、こういう痛ましい事件の後には、必ずデモが起こります。起こるべきだとも思います。そしてそれらの多くは、とても平和的なデモです。分別も良識もあり、あくまでも紳士的に、けれど強い怒りと哀悼の念をこめたような人々によって構成されるデモです。いろんなメディアでどうしても暴力的なものがより取り上げられがちですが、ほとんどは圧倒的にこちらのタイプです。ただし平和的に始まっていても、警官側からの不当な煽りやいじめが横行して、結局バイオレンスになる、というのもよくある話ではありますが。長年の謎でもあった。ただそうは言ってもです。デモ参加者のほとんどは、こういう不当で痛ましい事に対して、世論に訴えかけたくてわざわざ行動を起こしているわけですから、「なぜこうも各地でいとも簡単に暴徒化してしまうのか?」ずっと疑問をもっていました。暴徒化して無差別の略奪や破壊活動になれば、世論はもはや味方にはなってくれず、むしろ簡単に敵視されるか、否定的に受け取られるのは明白です。つまり根本のデモ参加者のゴールと正反対の結果になるわけです。勿論、こういった行動にももっともらしい理由付けはできます。これまでの不当な差別や貧困による生活苦など不満・不安が鬱積していたとか、単に暴れたい/略奪者が混ざっていたとか。恐らくこれらも事実でしょう。ただそれでもずっと疑問だったのです。今は現職大統領と、前任者を差し替え完全なグルとして動いている司法庁トップが、"暴動はAntifaなり海外の過激派勢力なりが扇動した証拠がある"と発言していましたが、その”具体的な証拠”は何も示されていません。それどころかFBIはむしろ「Antifaの暴動への関与を示す情報はない」と、間逆の報告をしていたことも判明しています。まずこの「過激派勢力なりが扇動した」という…

最新の投稿

AT&T詐欺? その2

AT&T詐欺? その1

今でもあるある、日系ボッタクリ業者

デジタルマーケティングという用語

最近私のFacebookのフィードにしつこく表示される広告

アメリカの中間選挙が目前で思うこと…

インフルエンサーマーケティング

SNSの闇

広告主必見! オンライン広告の闇

バイラルにおける雑感 ②