スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

「フェイクニュース」について2

(U.S. FrontLine誌 2018年02月号 掲載分、一部加筆・編集あり)前回、お金稼ぎのためにフェイクニュースを拡散する捏造サイトが何百もあることに触れました。またフェイクニュースで私が真っ先に連想する代表格が、メディア幹部・関係者が共和党政権の政策・運営幹部などで構成される、典型的なプロパガンダ機関のFox NewsやBreitbart Newsであり、実例にも軽く触れました。フェイクニュースの本丸さて、もう1つのフェイクニュース発信の本丸は、現在のホワイトハウスであり、トランプ氏自身といわざるを得ません。彼は明らかな偽情報から、まともに根拠も示せない信憑性の低い情報まで、政治的な意図も伴い拡散しています。カナダで一番発行部数の多い新聞社の記事によると、トランプ氏は就任式から本稿執筆時点までに、865の偽情報を流しており、1日平均2.8個の嘘をついているとか。 大統領就任式ではトランプ氏が「100万人以上が集まった」といつもの根拠のない発言をし、ホワイトハウスも公式に、“集まった人数は過去最大規模だった”と発表をしたすぐ後に、写真検証で虚偽だと判明しました。ホワイトハウス自体もこの次元からの偽情報を発信するのかと思うと、空恐ろしくなりました。「保険会社はオバマケアで大儲けした」というトランプ氏の発言も典型的です。その根拠としてホワイトハウスが挙げた、2017年初期に大手保険会社トップ5社が45億ドルを稼いだという報告について、多くの専門家が間違いを色々と指摘していました。根本的にその利益がオバマケア(AffordableCareAct、以下ACA)と結び付いておらず、むしろACA市場においては、保険会社は利益を下げていたからです。事実、大手保険Aetnaは2016年から2年間で6.5億ドルの損失により、ACA市場から全面撤退しますし、UnitedHealthGroupも2015年から2年で約10億ドルの損失で撤退です。Anthemや他の保険会社も数州で撤退します。参考記事ちょっと考えれば、誰でも矛盾に気づけると思うのですが、本当に儲けていたのなら撤退などするわけがないのです。そもそもACAは、加入拒否や契約解除、保険料決定など、これまで保険会社のやりたい放題だった仕組みに規制を設け、保険の生涯上限も撤廃させるなど、加入者が大病をした時に本当の意味で保険に…

最新の投稿

「フェイクニュース」について1

アメリカのネットの中立性 ③

アメリカのネットの中立性 ②

アメリカのネットの中立性 ①

続 ネットでの独占事情 アマゾン

ネットでの独占事情 アマゾン

ある小さな街の高校生の話

ネットでの独占事情 Google

ソーシャルメディアでの手痛い失敗

因果応報とはこのこと