スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

ある小さな街の高校生の話

(U.S. FrontLine誌 2014年07月05日号 掲載分、一部加筆・編集あり)つい先日、カナダのユーコンという人口3.3万人ほどの小さな街(アラスカの隣)にある、カソリックの高校の卒業式で、卒業生の半数以上が、レインボーのソックスを履いて、式に出ていたことが世界中のニュースで取り上げられました。
http://www.leslieleong.com/        提供:Leslie Leong 発端は、カソリック教会が、同性愛者を“無秩序”と表現し、同性愛行為を“堕落したモラルに反する行為”として、学校に対して、同性愛を認めないポリシーを強要してきたことが始まりでした。その高校の生徒であるケイト・パワーさんは、ゲイの友達もおり、自分の通う学校が、差別的な学校であってほしくないと、この学校の動きに反対するグループを作りました。ユーコンの教育局としても、公的資金を受けている学校でのこういう動き(同性愛を認めないポリシー)は認められないとしていたのですが、学校はなかなか譲らなかったそうです。結局1年間も、このグループは保護者や教育局とともに、学校と戦ってきたそうで、抗議の意味を込めて、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダ)の象徴であるレインボーカラーのソックスを履いて、卒業式に出席したのです。ある記事によると、この学校のゲイの生徒の父親が、こんなにも周りの人達がサポートしてくれていることを実感して、涙ぐんでいたそうです。結局、学校側が折れる形で決着しました。このレインボーソックスさて、この話が一体何と関係しているのかといえば、実はこのレインボーソックスは、ケイトさんが我が社の運営するショップから購入したものだったのです。最初にコンタクトしてきたのは今年の初めくらいで、担当したスタッフ曰く、確かに思い起こせば、ゲイ、レズビアンをサポートする運動のため、とさらっと説明はされていたらしいのですが、学校のクラブ活動か何かだろうと思っていたそうです。そのときは参加人数もまだ分からない状態で、実際に正式注文をしてきた5月までの数カ月間、呼びかけや、資金集めもしながら、この若い女子高生が、何度も大量注文のディスカウントの交渉を一生懸命してきていたそうです。そして6月10日の今日、彼女からサンキューメールと写真が届いて、「ああ、かわいい卒業式でよかったよ…

最新の投稿

ネットでの独占事情 Google

ソーシャルメディアでの手痛い失敗

因果応報とはこのこと

悪質なウェブ制作依頼者にもご注意

スポンサード・コンテンツの影響力

洗脳 VSメディア・リテラシー②

洗脳 VSメディア・リテラシー①

ポケモンGO

日米のWebサイトの違い

欧米の顧客が獲れない理由