スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

続 ネットでの独占事情 アマゾン

(U.S. FrontLine誌 2013年11月20日号掲載分を、一部抜粋・加筆、編集)前回は、オンラインショップを始めるには、アマゾンの提供するサービスを利用するのが簡単ながら、なぜ多くの企業がアマゾン外にも自社ショップをもっているのか、について触れました。アマゾンから課せられるさまざまな手数料による利益率的な問題や、ユーザーができるだけ商品を比較しやすくしたモール構造であるが故、嫌でも価格勝負や、したくもないさまざまな競争を強いられること、モール内の自社ショップへ集客しても、簡単に他店へ流れてしまいかねないなど、面白くない状況があります。また仮にモール内で唯一の商品を出店するメーカーだったとしても、類似商品との競争をアマゾンに煽られることは言うまでもありませんし、アマゾンに代理店として販売を委託し、かなり売ってもらえるようになったとしても、マーケティング的に有用なデータを蓄積された上で、プライベートブランド(PB)として、類似品を安い製造コストで生産・販売され、オリジナルの競合として取って代わられるリスクも多分にあります。そして何よりアマゾンは、単なる営利目的の企業であり、モラルや配慮などは期待できないと心しておくべきなのです。実は中国のショップだった… 私の嫁さんは日ごろからいろんなものをネットで買い物する人で、あるときはUPSの配達のおじさんに、「君、足2本だよね。靴、一体何足いるの?」と呆れながら話し掛けられていたのを見て、思わず笑ったことがありました。いや、それが話の本題なのではなく、単なる愚痴です(笑)。とにかく、ネットショッピングをある意味、極めている人なのですが、以前にある水着をアマゾンで購入したらしいのです。いつものようにレビュー評価などを参考にしながら商品・店を選んで購入した際に、当の商品が届いてからわかったのが、何とそのショップは中国にあり、そこから直送されていたという事実です。アマゾンで購入している時は、まったくそれに気がつかなかったそうで、確かに配送に少し時間がかかっていたらしいのですが、本人は事実を知って大きなショックを受けていました。何がショックかといえば、中国にあるショップが、普通に国内にあるかのように出店でき、直送していれば、国内のショップは販売価格的に、彼らとどう競争ができるのか? という懸念です。はっきり言えば、中国で製造さ…

最新の投稿

ネットでの独占事情 アマゾン

ある小さな街の高校生の話

ネットでの独占事情 Google

ソーシャルメディアでの手痛い失敗

因果応報とはこのこと

悪質なウェブ制作依頼者にもご注意

スポンサード・コンテンツの影響力

洗脳 VSメディア・リテラシー②

洗脳 VSメディア・リテラシー①

ポケモンGO