スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

アメリカのネットの中立性 ①

(U.S. FrontLine誌 2015年3月20日号 掲載分、一部加筆・編集あり)現政権になり、残念ながら危惧され続けた「ネットの中立性」が、いよいよ今にも崩壊します。以下は2年前に寄稿したものですが、今というタイミングでこそ、改めて知っておくべきだと思い、転記しておきます。 2015年の2月、この問題において、実は大きな第一歩となる決定が下されました。とは言え、まずこの「ネットの中立性」というトピック自体、読者の方には馴染みのないものかもしれませんので、まずはそこから触れておきます。なお本問題は、今日ほとんどの方に影響し得る内容であることも、一応念を押しておきます。意味するところこの議論は2000年くらいから盛んになっていたようですが、端的に言えば、インターネットサービスプロバイダー(ISP)が、自社のサービスに競合するなど、何らかの独断的理由により、特定のサイトをブロックして、ユーザーが見られなくするようにフィルターしたり、回線速度を意図的に調節したりして、ページがなかなかロードされ難くするような行為を認めるか否か、という話です。さらには、特定のサイトやコンテンツ、サービスに対して、意図的に速い回線(ファストレーン)と遅い回線を設け、速い回線を利用するには、別途追加料金をコンテンツ配信業者から徴収する、といった行為を認めるか否か、という話も含まれてきます。今日のブロードバンド回線を提供している通信業者(ISP)と言えば、業界最大手のコムキャスト、タイムワーナー(コムキャストに買収される可能性有)などケーブルTVの配信業者や、VerizonやAT&Tなどの電話会社がメインであり、昨今のインターネットTVやAmazonやNetflixなどの動画配信サービスなどは、彼らからすれば大量に帯域幅を使用するだけの迷惑な存在でしかなく、例えばYoutubeの動画や、Amazonのストリーミング映画が、わざと快適に見られないよう制御できる、という可能性を含んでいます。仮にこれが認められるようになれば、コンテンツ配信業者がその料金を負担せざるをえず、いずれは視聴者が負担する、という展開になることも容易に想像できます。今まで無料で快適に見られた動画が、将来的には有料がベースになるなど、多くの一般の人にも影響があり得る話なのです。また、資金に恵まれた一握りの巨大企業なら、…

最新の投稿

続 ネットでの独占事情 アマゾン

ネットでの独占事情 アマゾン

ある小さな街の高校生の話

ネットでの独占事情 Google

ソーシャルメディアでの手痛い失敗

因果応報とはこのこと

悪質なウェブ制作依頼者にもご注意

スポンサード・コンテンツの影響力

洗脳 VSメディア・リテラシー②

洗脳 VSメディア・リテラシー①