イカサマな選挙を予想する

この国では今やFascismやRacism がどんどんと膨張しているわけですが、11月の選挙も間近となり、嫌なシナリオ書きが見えてきました。とても受け入れ難いものです。

高齢で病気もあった最高裁判事のギンズバーグ氏が、選挙前に亡くなった事も大きい訳ですが、この状況は誰でも容易に想像できていましたし、だからこそ現大統領は、選挙実施における時間稼ぎをも画策していた位です。

結果的に上院で共和党が過半数を占めている時期に、彼の意図した最高裁判事を送り込める事で、保守対リベラルが6対3ですから、どんな内容を法廷闘争に持ち込んでも、彼の意のままの結果を得られます。

そしてかねてから、根拠も一切示さず郵送投票は不正が起きるので、選挙の決着は最高裁で決まる事になると、何度も吹聴してきたのも、正にこの筋書き通りに事を運ぶ為のあからさまな布石です。

これって要するに、国民投票で決めるはずの大統領選挙を、自分の思い通りに出来る最高裁で決められるという事です。民主主義をここ迄デタラメに反故する事を、堂々と宣言しているわけです。

郵送投票に何らかの不正があっただのと訴訟に持ち込みさえすれば、最高裁では確実に彼が勝てるという彼のシナリオ書きですが、その訴訟ネタを捏造するのは実に簡単です。要は民主党支持者を装った誰かが、不正な郵政投票を大量に行うだけです。

この場合「誰がやった」かは特定されなくとも、事実として「ほら、こんな不正の郵送投票がある」と示すだけで良いわけです。しかも不正を仕込んでいる側なら、どのように不正が仕込まれたかは確実に見つけられますよね。既にこの仕込みは彼の陣営側が終えていても、何ら不思議もないです。

このやり口は、以前に投稿した警官の不当な黒人殺人事件へのデモを暴徒化させる手口と正に同じです。現政権は、一連のデモ暴徒化を全てアンティファの仕業であると、一貫して吹聴してきました。

デモ暴徒化の謎解き

1番最初に発見された、店舗のガラスを次々と割っていた人物が、実は白人至上主義グループの1人だったと判明しても、暴動を扇動していたアンティファを装ったソーシャルメディアアカウントがいくつも見つかっても、その主張は全く変わりません。

何の証拠も示さず、ひたすらメディア上で、悪者に仕立てたい相手を悪として吹聴するやり口で、一貫しています。

特に彼の支持層はそういった陰謀論も大好物ですし、洗脳を最も簡単に受け易い層なので、信憑性の全く無い話でも、何度も何度も聞かされるだけで、盲目的に信じる層と言えます。

そう断言できる根拠は、この時代でも未だに進化論を信じない、科学も信じない人々、とでも言えば十分かと思います。

仮に不正が簡単なら、それは両陣営に言えること

そもそも郵政投票で簡単に不正ができるのなら、なぜそれが民主党側だけが不正を行うという理屈になっているのでしょうか。

これまでの共和党の不正行為、例えば過去のブッシュ時のフロリダ州における集票機械不正なんて有名な話です。現職大統領いわく、「フロリダの郵政投票では何の問題もないが、ネバダ州は不正が起きる」みたいな発言してましたが、なんじゃそれは(苦笑)、、フロリダの不正システムは健在と言っているようなものですよね。

それこそ共和党の投票妨害や不正は、これまでも色々明らかになっています。

低所得者エリアで、投票所を意図的に減らして遠方に設置するとか、身分証明書で、SSIDすらも認めないとか。車も持てていない人からすれば、仕事を一時休んでバスで長蛇の列の投票所を往復する時間もきつい上、選挙の身分証明のために何百ドルも出せないでしょう。軽犯罪でもとにかく黒人に犯罪歴をつけさせるのも、投票権を奪う常套手段でもあります。

あるいは投票不正監視と称して、投票所で威圧したり、武装した人たちが脅したり嫌がらせするなんてのは、以前から普通にやっていた上、2018年で法規制が一旦解けたのをいいことに、最高裁でこの規制を無効化し、今回はそれを露骨にやるための人材を募っています。本当にやりたい放題です。

対抗策としてせいぜい浮かぶのは、、

  1. 今回の選挙でまず民主党が上院の過半数を抑える
  2. 再度弾劾裁判で罷免する
  3. 最高裁判事の定員を増やす

くらいでしょうか。。

つまり今回上院で民主党が過半数を抑えることができない限り、このイカサマな選挙は今後もまかり通るでしょう。

とはいえ、今はどこの国もこんなことが普通に起きているとも言えます。民主主義がこんなに遠く、高いハードルがあるものになっているとは。。

人気の投稿