2015年10月20日火曜日

採用のコツ③ 分析・認識能力 Hiring the Right Person, Part 3

(U.S. FrontLine誌 2014年3月20日号 掲載分)

前回は、問題発生後のリアクションや、面接前のその人 の行動や努力から、評価対象にしていること、誰の時間を 惜しむタイプかを見極めようとしていることなど、我が社 の採用プロセスを例にご紹介しました。今回は面接に入っ てからの話です。

以前の職場を変わった理由は、おそらくどこの会社でも、 必ず聞かれることかと思います。その中で、会社が倒産し た、縮小して部署がクローズした、人員削減でレイオフさ れたというケースもあると思います。

そうした場合に、必ず聞くことにしているのが、「なぜそ のビジネスがうまく行かなくなったと思うか?」です。勿論、 この手の話は、一方から一部の話を聞いたところで、正解・ 不正解を判断できるようなことではありませんが、少なく ともその人が前の職場で何を考え、どういうスタンスで働 いてきたのかを知るには、かなり役立ちます。また問題分 析能力は、仕事で成長するには欠かせないものです。一従 業員として働いていたとしても、企業側の視点から、物事 を見られる人とそうでない人とでは、自ずとその人に期待 できるパフォーマンスも大きく違ってくるものです。

ある応募者のケース

私が立ち会った面接で、覚えているケースを少しご紹介 します。前職は某米系企業にSNSマネージャーとして採用さ れ、半年ほど勤めた、というアメリカ人女性の応募者でした。

近年、FacebookなどSNSの企業ページでの投稿や書き込 みを管理する、SNSマネージャーという職種の必要性が企 業でも注目され、我が社でもそういったサービスをクライ アントへ提供していることもあり、時折、そういうポジシ ョンの募集をすることがあります。主な仕事は、Facebook ページのファン(Like)が増えるような投稿やプロモーショ ンを考えたり、ユーザーからの書き込みに対応したりとい った仕事です。

いつものように、前職について尋ねてみたところ、「その 企業はFacebookページを開設し、その管理者として自分が 雇われたが、不景気のため、そのポジションがなくなった」 とのことでした。後任もいないようなので、「そのポジショ ンがなくなった」のは、おそらくその通りのようでした。

続けて、その企業で半年間、実際にどういうことをやっ ていたのかを尋ねると、その企業のFacebookページ上の自 分で撮影・編集して投稿した画像や、ブログの投稿記事な どを見せてくれました。

ビジネスは結果が全て

この方は正直さという面で、非常に好感が持てたので すが、採用という面では、残念ながら即時にうちでは難し いと感じました。理由は、彼女が多少得意げに見せてくれ たいくつかの投稿内容は、質的には悪くはなかったのです が、Likeが1~2人しかなく、そのページのファン自体も、 230人程度しかいなかったからです。

自分の仕事のゴールが何であるかを理解できていれば、 少なくともこんな痛い結果を、元気に人に見せてはいない と思うのですが、結果ではなく、自分が行ったタスク自体 に、何らかの価値があると思い込んでいる人には、とても 危険を感じます。

本人の中では“不景気”が原因だったかもしれませんが、 その企業が、支払った人件費を単純に広告費にでも回して いれば、おそらく数万人以上のファンが獲得できていたで あろう事実を考えると、単に費用対効果が見合っていない と判断されたことは、簡単に推測できました。

ゴールと自分の価値を追及する姿勢

なお実際に作成しているコンテンツの質は良いけれど、 反応があまり得られないことは、実は簡単に起こり得ます。 我が社でも自社ショップ関連ページでの投稿では、簡単に 良い反応が得られるのに、クライアントのページでは苦戦 するケースも正直あります。

そういう場合、根本の露出が全然できていない可能性が 高く、元々見てくれている人数が少なければ、空回りで終 わってしまうわけです。結局は、ファン数をある程度確保 してから投稿するか、広告費を投じて露出させるしか道は なく、彼女のケースもそういった状況であったことも予想 できるし、企業側にもそういった理解がなかったであろう ことは、気の毒にも思います。

ただ自分の仕事のゴールが何であり、企業がその人を雇 う目的・価値が何であるかを、常に本気で意識していれば、 問題を自分で認識・分析し、試行錯誤しながらでも、改善 案を提案していくぐらいの姿勢が見たいのです。一人で結 果を出すところまでを期待されて採用されたような状況で あれば、なお更です。

アメリカ ロサンゼルス アーティザン・クルーという広告代理店/IT会社の求人・人材募集情報はこちら
求人・人材募集情報]

0 件のコメント:

コメントを投稿