2015年5月27日水曜日

Facebookにおける考察③ ここも資本主義だが

(U.S. FrontLine誌 2013年1月5日号 掲載分)

前回、巧妙にできている有料のプロモートポストの仕組み や、ユーザーやページからの投稿が、必ずしもNews Feed ページへ全部表示されているわけではなく、エッジランク と呼ばれる、Facebook独自のアルゴリズムにより、各人へ 表示させる内容が決定されており、例えばページからの投 稿は、3〜7.5%程度(2011年)しか見られていないとい う事実に触れました。

複雑な気持ちにさせるエッジランク

エッジランクの存在が広く知られた際には、ネット上では 結構な騒ぎになり、この仕組みが導入されたことで、トラ フィックが以前より激減したと嘆くサイトオーナーたちが 大勢いました。しかし、これについて冷静に分析した記事 によると、元々Facebookは、最初から投稿を100%見せて いたわけでも何でもないのです(Facebookは自ら、平均 16%と言っています)。そしてエッジランクにより、スパム 投稿をかなりフィルタすることに成功し、News Feed上の 表示内容の質が向上したおかげで、ユーザーからのスパム 報告も軽減できた上、ページからの投稿をより見てもらえ るようになったそうです。

とはいえ、私も全ての投稿が表示されていないことを初め て知った時には、やはりショックでした。

以前本稿で少し触れましたが、近年のオンラインマーケテ ィングの王道となっている検索エンジンにおけるPPC(キ ーワード広告)は、あまりに広告主が増え、広告単価が恐 ろしく高騰してしまい、完全に資本主義の様相を呈してき ました。大手だけにチャンスがある、テレビCMのような世 界と化してしまい、資本力の劣る中小企業にとっては、と ても厳しい状況となっています。

そこへ突如現れたFacebookは、ユーザー数的にも検索エ ンジンにまったくひけをとらないばかりか、知恵とアイデ アと努力次第で、ページのファンを大量に増やしていける ので、無料でマーケティングに活用できる夢の媒体になる のではと期待していた分、ショックが大きかったのです。

業界1位のファン数を獲得したのに‥

実際、我が社が運営するソックス専門のオンラインショッ プのFacebookのページも、今ではおかげさまで、業界1位 の47,000人以上ものファンがいます。2009年11月に開始 したのですが、開設当時から歴史・知名度ともに断トツだ った某競合がおり、当然Facebookのファン数もずば抜けて いたのですが、約2.5年掛けて、彼らのファン数を抜くこと ができたのです。

しかも広告費をほとんど掛けず、アイデアとわずかな労力 だけで成し得た結果でしたので、資本主義とは別次元で、 ウェブマーケティング屋らしく、ノウハウとスキルで戦い ができることに興奮を覚えつつ大量のファンへ向けて、効 果的な宣伝を無料でがんがん投稿して、売上増につなげて いこうと息巻いていました。

ところが現実には有料のプロモートポストを使わない限 り、ファンの数%へしか配信されないと分かり、やはり世 の中うまい話はそうはないものだと落胆し、中小企業の救 世主になってくれそうだと、勝手に抱いていた期待感から、 正直、裏切られた気にもなりました。

それでもファンを募る意味はある

結局ページでファンを募っても、それを活用するのにお金 が掛かるという意味では、PPCと変わらないのではない か? Facebook自体、あまり有用性がないのでは? と思 われた方もいるかもしれませんが、冷静に考えると、実は そうではありません。それでもPPCよりは、今のところリ ーズナブルなマーケティングが行えます。そして、資本力 だけの勝負とは違って、腕次第でより効果的な活用ができ 得る要素をまだ持っているのです。

どういう事かといえば、まず1人を集客するための広告単 価が比較的安い上、Facebook自体が、口コミを発生させや すい媒体になっており、うまい投稿ができれば、実際に口 コミ効果で、本来の予算で到達できるはずの人数の、何倍 もの数の人へのリーチができる可能性も秘めているのです。 もちろん、皆が興味を持ち、人に伝達したくなるくらいの うまい投稿を行うには、並大抵のアイデアでは通用しませ んので、やはりごく一握りのスキルをもつ勝ち組のみに有 効な話ではありますが、それはマーケティングの世界の常 識でもあり、プロの存在価値もそこにあるわけで、常に腕 を磨くのみです!

また冷静に考えれば、ユーザーも企業からの大量の販促投 稿を常に見せられれば辟易するでしょうし、Facebookのビ ジネススタンスも理解はできます。ただパートナーが、母 親からの投稿ですら非表示になっていたと怒っていました が、流石にそれはダメでしょう(笑)。

0 件のコメント:

コメントを投稿