2015年4月29日水曜日

Facebookにおける考察① 怪奇現象?

(U.S. FrontLine誌 2013年2月20日号 掲載分)

昨年の12月、Facebookに関する面白い記事がありまし た。もしかしたら、読者の中には、まだあまりFacebookを 利用されていない方もおられるかもしれないので、本題の 前に基本的な仕組みだけご説明しておきます。

Facebookの仕組みのおさらい

ユーザーは自分のアカウントを作成することで、色々な情 報を発信できる、一種のブログのようなTimeline(昔なら Wall)と呼ばれるページと、周りから色々な情報を受け取る ことができる、News Feedと呼ばれるページ(アカウント のデフォルトのページ)をもつことになります。

そして、自分の友人や家族、仕事仲間、あるいは趣味仲間 たちと、Facebook上で「Friend」の関係になることで、写 真やコメント、ほかのサイトへのリンクなどをお互いに投 稿するなどして、交遊ができるようになります。

また芸能人やバンド、テレビ番組や本、あるいは企業やお 店など、ビジネス目的で開設されている様々なページがあ るので、気に入ったページ(内容)があれば、「Like」をす ることで、一種のファンとして扱われ、それらのページか ら発信される内容を受け取ったり、コメントを投稿したり でき、そのコミュニティに参加できるようになります。

実際の仕組みとしては、自分のTimelineに書き込まれた情 報は、自分がFriendになっている相手のNews Feed上に表 示(配信)され、自分がFriendになっている相手のTimeline に書き込まれた情報や、自分がLikeしているページから発信 された情報は、同様に自分のNews Feed上に表示されると いうものです。

なおTimelineには、ユーザー自身が投稿した内容が書き込 まれるのはもちろんのこと、他の人が「Share(共有)」し てきた情報のほかにも、自身がどこかのページをLikeした際 には、「○○のページをLikeした」というような情報も自動 で書き込まれます。そのため、例えばAさんが、スターバッ クス(コーヒー)のページをLikeしたら、AさんのFriendで あるBさんのNews Feed上に、「Aさんが、スターバックス のページをLikeしました。」のように表示されるわけです。

何やら奇妙な現象

さて本題です。某記事によると、「ある友人が、Discover (カード会社)のページをLikeした」という情報が自分の News Feed上に表示されたらしいのですが、その友人は、 何と半年前に他界していた、というのです。既に説明した 仕組みだけで考えると、こういうことが起きるとすれば、 亡くなったはずの友人が生きていたか、あるいは幽霊の仕 業ということでしょうか(笑)。

さらに奇妙なことに、その友人はそもそも、Discoverを 嫌っていたらしいのです。また別に報告されているケース でも、リベラル派で明らかにミット・ロムニー氏を嫌って いたある人物がロムニー氏をLikeしたとか、スバル(車)を 嫌っているはずの人物がスバルをLikeした、という奇妙な話 もありました。

ちなみに私も、意図したことのないページをなぜかLikeし たことになっていた、という経験を過去にしたことがあり ます。また周りにも、やはり既に亡くなっているはずの 「××さんが○○ページをLikeしました」という内容を、死 後しばらくたっているのに、自分のNews Feed上で見た人 もいます。こういう奇妙な例が記事でいくつも挙げられて いるのですが、皆さんは経験ないでしょうか?

謎解き

中にはFacebookが何やら勝手に人のLikeを操作している という陰謀説まで出ているようですが、この奇妙な現象が なぜ起き得るのかを知りたければ、もっとFacebookの仕組 みと、巧妙な広告機能についても理解する必要があります。

Facebook広報担当によると、携帯アプリや広告によって は、人が単に広告をクリックしただけで、意図せず何らか のページをLikeしたことにされるよう、仕組んでいるものが あるそうです。

またアカウントは、所有者が亡くなった場合でもその旨の 通知を受けていなければ、半永久的に、生きている前提と して動作するとのことです。しかし、それでも、亡くなっ たユーザーが時間軸的にその後Facebook上でアクションを したかのような表示の説明にはなりません。 もう1つここで、企業側ページのプロモートポストという、 有料で販促目的の情報を発信できる機能を理解すると、謎 は解けます。

ヒント1:

プロモートポストには配信先として、自身の「ページを LikeしてくれたユーザーのFriend」にも配信できるオプショ ンが用意されている。

ヒント2:

「ページをLikeしてくれたユーザーのFriend」に配信する と、受取人のNews Feed上にそのページから発信された情 報のほかに、必ず「○○さんがページをLikeしています。」 という表示も併記される。

今回はヒントだけ(といってもほとんど答えですが)、次 回にもう少し詳しい答えを書きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿